ディフェリンの副作用と使用方法

ディフェリンは副作用が強いため使用方法に注意が必要です。
使用する前に適切な使い方と副作用について知っておきましょう

ディフェリンの副作用

ディフェリンは副作用の強い医薬品として知られています。
ですので使用に関しては医師の指導のもとで行うようにしてください。

ディフェリンは高い効果がある反面、使用後に皮膚の乾燥、ヒリヒリ感、皮膚がはがれるなどの副作用がかなりの方に表れます。 そのため、乾燥を抑える保湿の仕方について事前に知識を得て、副作用があらわれたときには対策できるようにしておく必要があります。 当サイトでも保湿方法を紹介していますのでぜひお読みください

副作用として乾燥と同時に肌が赤くなることがあります。ある程度は化粧で隠すことができますが程度によっては隠しきることはむつかしいですし、 男性はそのようにはいかないため、人と会う約束があるなどの場合は使用する日を延ばすことも考える必要があります。

副作用は早い人で使用翌日からあらわれます。使用を続けると1~2週間で副作用はあらわれにくくなります。 副作用がひどい場合は医師に相談し、使用を中止しましょう。

無理をして使い続ける必要はなく、副作用がおさまったら使用を再開するというような使い方でも充分効果があります。

また、妊娠している方、妊娠する可能性のある方は使用しないでください。

ディフェリンの使い方

ディフェリンの使い方は一般的な塗り薬とほとんど同じです。
夜の洗顔後、肌にうすく伸ばして使用します。他の抗菌剤とも併用できます。

ディフェリン使用後数日はかなり肌が乾燥する方が多いため、まず保湿化粧品でスキンケアを行い、その上にディフェリンを使用することが勧められています。
朝に洗顔する際にはしっかりと洗い流してください。
朝の洗顔後はディフェリンは使用せず、保湿をしっかりと行うようにしてください。

注意事項

一部のサイトなどでは、ディフェリンを使用することで皮膚をはがれさせて新しい皮膚を作るというピーリングのような作用があるとされていますが、 皮膚がはがれることは副作用であり、ディフェリンの本来の作用ではありません。

ディフェリンの副作用は79%の方にあらわれていますが逆に21%の方は赤みや皮膚のはがれは起きていません。

副作用がなくてもディフェリンは作用しています。ディフェリンは強い副作用のために劇薬に指定されています。

使用方法と作用をよく理解した上で使用してください。

ニキビのできにくい肌を作るには

ディフェリンを使用することでニキビを治療することができますが、根本的な原因の解決までは残念ながらできません。 ニキビをできにくくするには、肌の状態を健康に保つことが一番重要です。

いま現在ニキビができやすいということは、いま行っている毎日のスキンケアがご自分の肌に合っていないのではないでしょうか。

こちらのサッポーという会社は、「健康な肌を作ること」を重視した化粧品会社です。
当サイトのスキンケアの考え方とも同じ部分が多く、その製品もおすすめできるものです。

サッポー化粧品では スキンケアモニター を募集していますので是非活用してみてください。
スキンケア製品を格安で使用でき、モニター終了後にスキンケアアドバイスを受けることができます。