ニキビ用化粧品、プロアクティブ

プロアクティブといえばニキビ用化粧品としてCMでおなじみ。
使ってみたいけれどよくわからない、そんな方におすすめのプロアクティブについてです。

プロアクティブの効果

プロアクティブはニキビに効果的な化粧品として広告等でおなじみの、ニキビケアで実績をあげている商品です。医薬品ではなく医薬部外品となっています。

プロアクティブはアメリカで開発されたニキビケア商品で、主成分は過酸化ベンゾイルとなっており、これはニキビに対して非常に効果的です。

ただ、過酸化ベンゾイルは日本国内では認可されていませんので日本国内で販売されているものは主成分がサリチル酸やグリコール酸となっています。
その他の成分についても内容が変更されています。

プロアクティブの内容

プロアクティブの内容は洗顔用のリニューイングクレンザー、化粧水のリバイタライジングトナー、トリートメントのリペアリングクリームの3ステップです。

これに加え、デイリーオイルコントロール、ナイトクリームがあります。

成分の過酸化ベンゾイルとは

過酸化ベンゾイルはアクネフリーの主成分です。ニキビの治療薬として海外で用いられています。
過酸化ベンゾイルは皮膚の細孔に入りやすく、酸化によってバクテリアの代謝を阻害すると推定されています。

過酸化ベンゾイルはニキビには大変有効ですが、残念ながら日本では認可されていません

サリチル酸とは

サリチル酸は角質を取る効果が高いことが知られていますので、ピーリングに使われています。

グリコール酸のように、肌の奥に浸透して保湿や真皮の新陳代謝促進へ直接作用することがないかわりに、 皮膚の表面のいらない角質層の除去に対する効果はグリコール酸よりも高いといわれています。
また、消炎剤としての働きもあります。

グリコール酸とは

グリコール酸はにきびの原因となる角質を除去し、皮膚の新陳代謝を活発にする一方で、皮膚にも存在する自然の酸のため、肌に負担をかけにくい、という性質があります。
リンゴ酸やクエン酸と同様のフルーツ酸の一種であり、肌の奥にある真皮中のコラーゲンや エラスチンなどといった細胞を増加させ、真皮を厚くする成分です。

また、古くなった角質層などをピーリングタイプのパックなどで除去するのに使われます。