ニキビができる原因と肌の状態

ニキビの原因を知り角質をコントロールすることがニキビ治療の近道です。
清潔にしただけではニキビは治りません。

ニキビの原因を正しく理解しよう

ニキビの原因を正しく理解することは正しい治療につながります。
ニキビのできる原因は様々です。肌の手入れの仕方、生活環境、精神的なストレスなどでも大きく違ってきます。 しかしいずれにしてもニキビは、毛穴から皮脂の排出がうまくいかなくなり、つまった皮脂によりニキビ菌が増殖して始まります。

治療の方法として、毛穴から皮脂をうまく排出する、ニキビ菌をへらす、という2つの方法が考えられますが、ニキビ菌はニキビのない人の肌にも存在する菌ですので、 効果的な対策方法としては、その食料である皮脂のつまりを減らし、ニキビ菌の増殖を抑えるということが大切になってきます。

毛穴がつまる原因として考えられるのが、角質が硬くなってうまく毛穴から出て行かない状態になっていることです。
角質は本来やわらかいのですが、強い洗顔料などで角質を取り除きすぎると角質層が薄くなるために角質の生産速度が速まり、 弱く硬い未熟な角質層ができてしまい、角質が固くなります。

ではなぜそんな強い洗顔料を使ってしまうのかというと、ベタベタとした顔の汚れが必要以上に気になってしまうからではないでしょうか。 そしてそれにあわせるように強い洗浄力を持った商品が販売されています。 そのような商品はテレビCMなどでよく見られますが、本当にそれがよいものなのかを考えてみるべきでしょう。

過剰に油分を取り除くことは肌の水分と油分のバランスをくずし、余計に皮脂が分泌されることになります。 そうするとさらにベタベタし、洗顔し・・・と悪循環が続くわけです。

また、乾燥ぎみの方も同様です。肌が乾燥しているために角質がダメージを受けやすく、早く新しい角質を作らなければならないため、 未熟な角質になります。そのため角質層が固くなり、ニキビができやすくなります。

どちらのタイプにしろ、肌の水分と油分を適切にコントロールすることで健康な角質の生産を促すことがニキビ解決への道となります。

角質の状態は重要

角質の状態がよくないとなぜいけないのでしょうか。
水分が少なく硬くなった肌は、ターンオーバーが速くなっています。 ターンオーバーの速い肌とは、角質のはがれが速い肌です。

ターンオーバーがはやすぎるために、まだ成長していない未熟な表皮細胞が角質となっていきます。 この角化が早いと、新しい細胞を作るのも早めなければならずこうして細胞の入れ替わりが速くなっていきます。
このようにして作られる角質は、水分保持力が弱く角質同士をつないでいるセラミドも不十分で、簡単に乾いてぼろぼろとはがれていきます。 水分が少なく痩せた角質で構成される肌は、必然的に肌理(キメ)が粗くなり毛穴が拡がります。

この毛穴の入り口部分に皮脂が貯まりやすく、貯まった皮脂は酸化しさらに肌を傷め角質の寿命を短くします。 つまり、柔軟な肌本来の姿を取り戻すことがむずかしくなってくるため、いつまでもニキビができやすい状態が続きます。
清潔なだけではニキビは治りません。 角質層に水分を与え、受けるダメージを少なくし、角質の寿命を延ばしてあげることが重要です。

未熟な角質でできた角質層でもそれなりにバリアー層としての役割を果たしていますので、 少しでも良い環境が作られると、表皮の成長に余裕がでてきます。
すると、より成長した表皮細胞が角化することになり、角質層の能力が次第に高くなり、肌は強くなり、水分の多い柔らかく美しい肌に変わっていきます。 健康な肌作りが本当のニキビ治療へとつながります。