肌質とニキビケア

肌質とニキビケアはとても密接に関係していて、自分の肌質を知らないと適切なニキビケアができません。自分の肌質をチェックしてみましょう。

肌質を見極めよう

肌質を見分ける方法を紹介します。
まず洗顔後に何もつけずに10分待ちます。
10分後にも乾燥せずやわらかい肌の方は普通肌です。
普通肌の方は、肌がしっとりとした状態で、弾力がありニキビも少ないはずです。
つまりその肌は健康な肌なのです。

10分後に肌がつっぱり、カサカサしている方は乾燥肌です。肌の水分と油分が不足している状態です。

肌につっぱりがでず、テカる方は脂性肌です。肌の水分が少なく、油分が多い状態です。

部分的にテカりがでる方は、乾燥肌と脂性肌の合わさった混合肌です。

脂性肌だと思っていた方でも、実は乾燥肌で、肌が乾燥から守ろうとして油分が過剰に分泌されたために脂性肌のようになっている場合もありますので注意が必要です。

普通肌以外の方は、まず水分が不足していますので必ず化粧水で水分を補給しましょう。 そして乳液などで油分を足して常に適度な水分と油分のバランスがとれるように調節しましょう。

人によって生まれつき肌の質には差がありますが、ニキビができる状態の肌は健康な肌ではありません。 乾燥したり油分が多すぎる肌は、健康ではない状態といえるでしょう。
いままでしてきた自分なりのスキンケア、または環境が自分の肌に負担をかけてきたのではないでしょうか。

しかし肌には自然に治す力がありますので、肌に負担をかけないようにすることで、ちょっとずつ健康な肌に近づいていくことができます。 健康な肌は適度に水分を含み、ニキビを抑える力も強いです。ですので、ニキビを治療するにはまず健康な肌作りが大切です。 健康な肌作り=ニキビ治療と考えてもいいと思います。